Alltag in Tokio | link | admin

スポンサーサイト

--, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/21:Heidelberg

12, 2007 | 07年12月ドイツ旅行

0
【2007年12月ドイツ旅行記--目次はこちら



Mannheimのクリスマスマーケットを楽しんだ後は、車でドイツ語学校の友達の待つHeidelbergの中央駅へ。
Heidelbergへ行くのは、初めてドイツへ行った1999年以来。
どんなクリスマスの風景が待っているのでしょうか。

2007_1222_004539AA.jpg




中央駅でお友達のIちゃんと合流。
彼女は秋からDarmstadtに留学しているのです。
久しぶりの再会に感動。

彼女は秋にドイツに来たため、スニーカーしか持っていなかったらしく、この日急いでブーツを買ったそう。
彼女にぴったりなかわいらしいブーツでした。
日本で買うとあまりかわいいスノウブーツは売っていないのですが、ドイツで買えば選び放題です。
今度は買おうと決めたのでした。

駅の近くの駐車場に車を止めて、大きなマーケットのある場所まで移動。
途中にも小さなマーケットがありました。

2007_1222_001425AA.jpg

クリスマスということもあり、とにかくすごい混雑!
日本で言えば年末の買出しという感じなのでしょうか?

通りはどこもクリスマスの飾り付け。
私たちはそれだけで感動してしまいました。

2007_1222_001412AA.jpg

デパートの壁にサンタクロース。
プレゼントを沢山かかえています。

2007_1222_001538AA.jpg

こんなシンプルな飾り付けの通りもあります。

2007_1222_001736AA.jpg

あまりに綺麗なので写真を撮りまくってしまいました。
すっかりおのぼりさんです。

2007_1222_004809AA.jpg


2007_1222_004338AA.jpg

マーケットに着くと、そこは光の洪水。
昼間のマーケットもよいけど、やっぱりクリスマスマーケットは夜が本番という感じです。

2007_1222_005623AA.jpg

本当にたくさんの屋台と沢山の人達。
寒いのにこっちも楽しくなって来て、自然と身体が温まります。

木で作ったクリスマスグッズを売っているお店。
こういった場所で家に飾るクリスマスグッズを買うようです。
このような屋台はクリスマスマーケットでは定番と言った感じで沢山ありました。

2007_1222_005319AA.jpg

屋根の上にも注目。
このお店の屋根にはプレゼントが。

2007_1222_005342AA.jpg

こちらにはトナカイとサンタさん。
可愛くて思わずパチリ。

2007_1222_005928AA.jpg

蝋燭屋さんや

2007_1222_005522AA.jpg

星形ランプを沢山売ったお店。

2007_1222_010249AA.jpg

これまた屋台の定番レープクーヘン屋さん。
このハート形の大きなクッキーをみんな首からかけて歩いてたりします。
「Ich liebe dich」とか書かれています(笑)

2007_1222_005847AA.jpg

もちろん食べ物の屋台も沢山!
炒めたタマネギとステーキをパンに挟んだものを売っている屋台からは良いにおいが、、、。

2007_1222_005808AA.jpg

Iちゃんが食べた「XL Pommes」も美味しそう(少しいただいたけど、本当にドイツのジャガイモはおいしいです!)

2007_1222_010432AA2.jpg

ここにもカルーセルがありました。
どこも本当に綺麗で感動。

2007_1222_011235AA.jpg

楽しそうな子供の声を背に、Heidelbergのクリスマスマーケットを楽しんだのでした。

2007_1222_011121AA.jpg

そろそろGukoちゃんが出掛けなくてはいけない時間なので、名残惜しみながらマーケットをあとに。
途中寒くて仕方がないので、カフェに寄って行きました。
ここのカフェはなかなか素敵で、すっかりのんびり…。
やっぱりドイツのカフェは良いですね。

車に乗り込み、みんなでMannheimへ。
クリスマスマーケットの前でGukoちゃんとお別れ。
夜の風景はまた違った感じでした。

2007_1222_043225AA.jpg

ここで初のGluehwein!(というか私はアルコールがダメなので子供用ですが)
とっても体が温かくなりました。

Darmstadtに帰るIちゃんを見送りに中央駅まで。

2007_1222_030643AA.jpg

しかし、乗るはずの電車に乗れず…。
その後ふたりで近くのタイ料理屋でご飯をしました(美味しくなかったけど…)

今度こそ本当にIちゃんを見送り、私はトラムの駅まで。

2007_1222_021404AA.jpg

粉雪が降り始めていて、どうも気温は氷点下のようです。
早く帰りたいな~と思いながらトラムを待ちますが、一向に乗るはずのトラムが来ません。
どうも、乗り遅れたようです。
どうしたらいいのか分からず、Gukoちゃんに電話で相談したところ、タクシーで帰ることに。
中央駅でタクシーを捕まえ、Gukoちゃんに電話で道案内をお願いして、なんとか家路に付きました。

とはいえ、すったもんだあり、着いたのは40分後。
家の中に入った瞬間にほっとしてしまいました。
お風呂を借りて、翌日の朝早くからのベルリンへの移動に備え、おやすみなさい。
って、もう12時過ぎでしたけど…。

« 12/21:Mannheim 12/22:Mannheim→Berlin »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
Ueber mich


フリーランスのライター、フォトグラファー、デザイナーをしています。
ここでは、Nikon D3100 & D40とFinePix Z5fdの写真とともに綴った日記と、お仕事情報を載せています。

ライティングや写真撮影、デザイン業以外に、ベルリン旅行のコーディネイトを承っています。

ベルリン在住ではありませんが、何回も訪れたからこそ観光者目線での楽しいプランを提供出来ると思います。
ベルリン旅行に行かれる方等、ぜひご相談ください☆

Ueber mich:さらに詳細なプロフィール。
Meine Werke:仕事についてはこちらを。

Alltag in Tokio @ blog 別館

<使用カメラ>
Nikon D3100
Nikon D40
Nikon AF-S DX ZOOM NIKKOR ED 18-55mm F3.5-5.6G II
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G

※当サイトの全ての写真、文章の無断転載は禁止しております。


メールはこちらからどうぞ。
by 鮭(2012年6月更新)


初著書「ベルリントラベルブック」発売中です!


QUOTATION Worldwide Creative Journal no.4」のベルリン特集を担当しました。
Archiv+Kommentar
Archiv

2013年 11月 【1件】
2012年 10月 【1件】
2012年 06月 【2件】
2012年 05月 【1件】
2012年 02月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【1件】
2011年 04月 【2件】
2011年 03月 【1件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 10月 【1件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【1件】
2010年 07月 【2件】
2010年 05月 【1件】
2010年 04月 【1件】
2010年 03月 【2件】
2010年 01月 【1件】
2009年 12月 【5件】
2009年 11月 【3件】
2009年 10月 【11件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【10件】
2009年 07月 【17件】
2009年 06月 【16件】
2009年 05月 【8件】
2009年 04月 【11件】
2009年 03月 【11件】
2009年 02月 【22件】
2009年 01月 【15件】
2008年 12月 【3件】
2008年 11月 【3件】
2008年 10月 【1件】
2008年 09月 【2件】
2008年 08月 【1件】
2008年 07月 【4件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【1件】
2008年 04月 【2件】
2008年 03月 【1件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【4件】
2007年 12月 【41件】

Kategorie
Photoback

Booklog
Links
BlogPeople
Banners
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
人気ブログランキングへ 









ヨガ・ピラティスをライフスタイルに:スタジオ・ヨギー
Counter


free counters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。